人探しの方法とは?【旧友・初恋の人・恩師・生き別れの家族に会う】

原一探偵事務所無料相談はこちら

  • 初恋の人と何年かぶりに会いたい
  • 卒業式から会っていないクラスメイトや恩師に会いたい。
  • 喧嘩して音信不通になった友人と仲直りしたい。
  • 離婚してから会わなくなった家族に会いたい

心に閉まっていた「会いたい」気持ち諦めないでください。
実は会いたいその人はすぐに見つかるケースがほとんどです。


このサイトでは、音信不通で行方不明だった旧人を探すために、SNSやアプリ、サイト等を使った人探し方法や、その他確実性が高い方法など、役立つ情報を様々にお届けしていきます。



目次

  1. SNSで探す方法

  2. 無料掲示板で探す方法

  3. 人に訪ねて探す方法

  4. アナログな探し方法

  5. 探偵に探してもらう方法

  6. 人探しで信頼できる探偵事務所



SNSで探す方法

原一探偵事務所無料相談はこちら

Facebookを使った人探し

FacebooktwitterInstagramなど、SNSの波はどんどん広がっており、Facebookの利用者はおよそ3割、50代の人でもおよそ15%の人が利用しているという統計結果が出ています。


このFacebook、人を探すのにもっとも役に立つSNSなんです。
Facebookは実名登録が基本ですから、その人がFacebookをやっていれば簡単に見つける事が出来ます。



人を探す方法は、メニュー画面から「友達を検索」を選び、そこに探したい人の名前を入力するだけです。


検索結果でその人が表示されたら「友達になる」を選びます。
その人が友達申請に気付いて承認してくれると、ステータスが「友達」に変わり、その人と連絡が取れるようになります。


その他のSNSを使った人探し(mixi・Twitter・Instagramの場合)

その他のSNSでも人を探す事は不可能ではありません。
mixiではキーワードや性別・年代・地域・ニックネームなどで検索可能です。


ただ、相手が名前検索などを拒否していると見つける事は出来ません。
また、mixiは一昔流行ったアプリであり、数年前に比べると新規のユーザー数は減ってきています。


しかし、30代〜50代の間では現在もmixiで知人とコミュニティをとっているケースは多いそうです。


年を重ねるに連れて、新しいものに乗り換えるのを中々踏み込まない特徴があるからだと思います。


Twitterでは、キーワード検索で名前やその他の情報を入れる事でその人の情報を得る事が出来ます。


直接その人を見つけられなくても、その人と関係がある人のアカウントを見つけられる可能性もあります。


また、自分がその人を探している事を呟いてみてもいいでしょう。
Instagramでも同じように探すことが可能です。


SNSによる人探しの評価


費 用 無料(★★★★★)
時 間 平均:半日(★★★★★)
手 間 易しい(★★★★☆)
信ぴょう性 40%(★★☆☆☆)
見つかる確率 50%(★★★☆☆)
総合評価 B+(★★★☆☆)

SNSによる人探しのメリット
SNSによる人探しは、手軽ですぐに行う事が出来ます。
普段SNSを使っている人なら、操作に困る事もないでしょう。

また、お金がかからないというのも大きなメリットです。

SNSによる人探しのデメリット
SNSで人を探そうとしても、その人がSNSを利用していなければ見つかりません。


ご年配の方を探す場合は、特に難しいでしょう。
また、SNSで得られた情報がすべて真実だとは限りません。


さらに緊急性を要する人探しとなると、家事や仕事をしている場合中々時間が取れなかったり、精神的なストレスを感じる場合があります。


探し方にも限度がありますので、緊急な場合確実性の高い探偵事務所に依頼するといいでしょう。


無料掲示板で探す方法

無料掲示板を使った人探し

原一探偵事務所無料相談はこちら
インターネット上には、人探し掲示板というものもあります。
探している人の情報を詳しく書き込み、それを見ている人から情報を提供してもらいます。


年齢や性別・居住地・身体的特徴などを詳しく書きこむ事で、見つかる確率は高まります。
どういった理由でその人を探しているのかも書き込む事で、より親身になってもらえるでしょう。


また、より多くの情報を集めるために複数の掲示板に書き込むとさらに効果的です。


無料掲示板による人探しの評価


費 用 無料(★★★★★)
時 間 平均:1ヶ月(★★☆☆)
手 間 やや大変である(★★★☆☆)
信ぴょう性 20%(★☆☆☆☆)
見つかる確率 30%(★★☆☆☆)
総合評価 C+(★★☆☆☆)

無料掲示板のメリット
無料掲示板はその名の通り無料で利用する事が出来ますし、誰でも情報を閲覧出来て、書き込む事も可能です。


また、書き込んだ情報はその掲示板の管理人が削除するか、そのサイト自体がなくなってしまわない限り残り続けるのもメリットと言えるでしょう。

無料掲示板のデメリット
無料掲示板はあくまで閲覧者の善意に頼ったものですから、SNSと同じように、情報の真偽は自分で確かめなくてはいけません。


時間が経つと自分の書き込みが埋もれてしまい、誰にも見てもらえなくなってしまうという事もありますし、自分の連絡先を悪用されてしまう恐れもあります。


もちろん、探す人の個人情報にも十分注意しなくてはいけません。
SNSと掲示板で人を探す際どちらにも言えることは、個人情報を晒すことは何かしらのリスクがつきものなので慎重に書き込みましょう。


人に訪ねて探す方法

原一探偵事務所無料相談はこちら

知っている連絡先や共通の知人に連絡する

何はともあれ、人を探すにはまず知っている連絡先に連絡するのが一番です。
メールアドレスが分かっていればメールで連絡し、電話番号を知っているなら電話をしてみましょう。


探している人が転送の手続きをしている場合は、旧住所に手紙を送っても新しい住所に転送してもらえます。


また、これも人探しにおいては基本的な方法ですが、共通の知人や友人に聞いてみるというのも有効です。


あなたには言えなかったり、伝えるのを忘れていたりしていても、他の知人や友人には転居先を伝えている可能性も少なくありません。


人に訪ねて探す方法の評価

費 用 電話代・交通費(★★★☆☆)
時 間 平均:10日(★★★☆☆)
手 間 大変である(★★☆☆☆)
信ぴょう性 100%(★★★★★)
見つかる確率 40%(★★☆☆☆)
総合評価 B(★★★☆☆)

人に訪ねて探す方法のメリット
この方法がうまくいくと、直接その人や実家などに連絡出来ますから、かなり重要な手掛かりを得る事が出来ます。


共通の知人や友人からの情報は、SNSや掲示板などの誰か分からない人からの情報よりも信ぴょう性があります。


人に訪ねて探す方法のデメリット
この方法は、相手が連絡先を変更してしまっていたり、そもそもその情報が分からなかったりすると使えません。


探している人との関係性にもよりますが、共通の知人や友人が少ない場合はあまりこの方法は有効ではありません。


アナログな探し方法


住民票から人探し

探している人の住んでいる市町村が特定出来るなら、住民票を閲覧するのがとても有効な方法です。


住民基本台帳には氏名・生年月日・性別・住所が、戸籍附票には今までの移転履歴が記載されています。


遠方の場合は、郵送で請求する事も可能です。


住民票から探す方法の評価

費 用 手数料(★★★☆☆)
時 間 平均:1日(★★★★★)
手 間 住民票を閲覧するには条件がある(☆☆☆☆☆)
信ぴょう性 100%(★★★★★)
見つかる確率 80%(★★★★☆)
総合評価 B(★★★☆☆)

住民票閲覧のメリット
探している人に身を隠さなければならない特段の事情がない限り、引っ越しをすると住民票の手続きは行うでしょう。


住民票はその人がその地域に住んでいる事を証明するものなので、とても信ぴょう性の高い情報になります。


住民票閲覧のデメリット
この方法の大きなデメリットは、そもそも住民票は誰でも閲覧出来るものではないという事です。


平成18年に改正された住民基本台帳法によって、探している人の近親者であるか、お金を貸しているからその人を探したい、などの法的な権利が認められている正当な理由がなければ住民票の閲覧は出来ません。


また、住民票の閲覧には手数料が必要で、市区町村によってその値段は違います。
場所によっては数千円かかる場合もありますから、きちんと確認しておきましょう。

新聞に載せる・ビラを作成して人探し

インターネットが普及する以前は、人を探す方法として新聞に載せるのが一般的でした。


新聞に人探しの広告を載せる事で、本人やその人の所在を知っている人からの連絡を待つという方法です。


また、ビラを作って配布するというのも地道ですが効果的でしょう。
どこまでの情報を載せるかは難しいところですが、ここで集まる情報にはある程度の信ぴょう性が期待できます。


新聞に載せる・ビラを作成して探す方法の評価

費 用 掲載料・デザイン料・印刷料(★★☆☆☆)
時 間 平均:1ヶ月以上(★☆☆☆☆)
手 間 かなり大変である(★☆☆☆☆)
信ぴょう性 80%(★★★★☆)
見つかる確率 20%(★☆☆☆☆)
総合評価 D+(★☆☆☆☆)

新聞に載せる・ビラを作成する方法のメリット
最近は新聞の発行部数も減少傾向にありますが、それでも多くの人が目にする媒体である事は確かです。


特に年配の方は、かなりの確率で新聞を読んでいるでしょう。
それだけに目に触れる人の数も多く、情報も期待できます。


また、ビラを配っているとその真剣さが伝わりますから、親身になってくれる人も多くなります。

新聞に載せる・ビラを作成する方法のデメリット
この方法のデメリットは、お金がかかる事です。

新聞に三行広告を載せる場合は、全国紙で1回につき8,000〜9,000円、地方紙だと1,000円程度が必要になります


その人がどの新聞を読んでいるかは分からないため、いくつかの新聞に載せる必要がありますし、ある程度長期間掲載を継続する必要があり、最低でも数万円は必要になるでしょう。


ビラを作る場合も、業者に依頼するとデザイン料や印刷代で数万円は必要になります。


自分で作る場合はその費用は抑えられますが、配り歩く手間がかかりますし、他人に頼む場合はその人件費も必要になります。


探偵に探してもらう方法

原一探偵事務所無料相談はこちら

探偵に依頼して人探し

人を探したいなら、その道のプロである探偵に依頼するのが最も効果的でしょう。
聞き込みや張り込みなどをプロの技術で行ってくれますから、自分で探すよりも成功の確率が高くなります。

探偵に探してもらう方法の評価

費 用 調査料(★☆☆☆☆)
時 間 平均:7日(★★★★☆)
手 間 かからない(★★★★★)
信ぴょう性 100%(★★★★★)
見つかる確率 90%(★★★★★)
総合評価 A(★★★★☆)

探偵に依頼するメリット
探偵に依頼するメリットは、成功率が高いだけでなく家族以外の人でも探してもらえますし、探している理由を問われないという事もあります。


ただ単に会いたい、というだけでも受け付けてもらえるので、事件性がないと動いてくれない警察よりも頼りになります。


ただし、ストーカーや嫌がらせ、差別、虐待などが目的の場合は引き受けてもらえません。


また、人探しの得意な探偵はそれに関する法律にも詳しいので、依頼人や探している相手のプライバシーにも配慮してくれます。


何かトラブルがあった時も、探偵が仲介してくれるので安心です。
カウンセラーや相談員が在籍している場合も多いので、様々な相談に乗ってくれるでしょう。

探偵に依頼するデメリット
探偵に依頼する最大のデメリットは、料金が高いという事です。


依頼する探偵事務所によっても違いますし、調査にかかる時間やその方法によっても異なりますが、平均すると所在調査では数十万円もの費用がかかることもあります。


しかし高い理由として、精度の高い調査機器や素人にはできない独自の調査方法を取り入れているからです。


また、早期に発見できるように数名の調査員で調査するため人的コストがかかってきます。


調査員が1人の場合と4人の場合を比べると、成功率は60%も変わってくると言われています。


確率は低くても自力で時間をかけて探すか、調査料金を支払ってでも早く確実に見つけてもらうか、一度しっかりと考える必要があるでしょう。

悪質な探偵に注意
探偵に人探しを依頼すると成功率は高まりますが、それはきちんとした探偵に依頼した場合です。


悪質な探偵に依頼してしまうと、お金だけ取られて結局見つからない、という事もあり得ます。


悪質な探偵は、見積もりは安くても後から色々と理由をつけて追加料金を請求したり、料金を先払いした後調査の途中で連絡がつかなくなったりする場合があるのです。


また、所在を確認したという嘘の報告書を作成し、探し人に会えないと連絡を入れると「調査後に引っ越したのでは」などという業者もいるそうです。


そういった業者は訴えられたりしないように嘘の住所を告げていたり、そもそも事務所がなかったりする場合もあるので注意しましょう。

きちんとした探偵社の選ぶための5つのポイント

確実に探し人を見つけたいなら、有能で誠実な探偵社を選ぶ必要があります。
きちんとした探偵を選ぶためにポイントを抑えておく必要があります。

1.探偵業の届け出をしている
そんな探偵社を見つけるためには、まず探偵業の届け出をしているかどうかをチェックしましょう。


探偵は、探偵業法によって国に届出を行う事が義務付けられています。
暴力団や前科のある人はこの届出を行う事が出来ないのです。


公安委員会では行政処分を受けている探偵業者を公表していますから、それも調べておきましょう。

2.実績がある
探偵にはそれぞれ得意分野があります。
人探しが得意な探偵に依頼するために、実績もチェックしておきましょう。


「発見率100%」などと謳っている場合は疑った方がいいでしょう。
現実的な実績を見極める目が必要になります。

3.事務所がきちんと存在する
事務所が本当にあるかどうかもチェックしておきたいところです。
相談する時に喫茶店などを指定する業者は、あまり信用出来ません。


事務所がたくさんあると遠隔地にも対応してもらえるので頼りになります。

4.説明をしっかりしてくれる さらに、調査についての説明もきちんと求めましょう。
調査方法などを企業秘密だといって教えてくれないところは論外です。
料金についても、総額がいくらになるかをきちんと聞いておきましょう。


不自然に料金が安い場合は、追加料金を請求される可能性が高いです。

5.調査結果を開示してくれる
現場の写真など、本当に調査をしたという証拠を見せてもらえるかどうかも事前に確認しておく必要があります。


人を探すための方法はたくさんありますが、素人が人を探そうとしても仕事など自分の生活もありますからなかなか効果的な方法をとる事が出来ません。


そのため、人探しを専門で行う探偵に依頼するのが効果的ですが、悪徳業者に引っかからないように十分注意しましょう。

人探しで信頼できる探偵事務所

それでは上記のポイントを踏まえて信頼できる探偵事務所を紹介したいと思います。

 

原一探偵事務所

原一公式サイトはこちら

 

原一探偵事務所の強み
創 業 業界トップ40年以上
累計実績 110,000件以上
拠 点 18拠点/日本全国対応
価 格 安心・納得価格(※追加料金一切なし)
相談・見積 無 料
その他 弁護士等の充実したアフターフォロー

 

原一探偵事務所は創業40年以上を誇る、業界最大手の探偵事務所です。
累計実績は110,000件を超えていて、きめ細かい対応が魅力の探偵事務所です。

 

 

一度は目にした事があるであろう家出人・失踪人調査番組、「徳光和夫の感動再会"逢いたい"」「どうしても会いたい!大切なあの人を大捜索!」での難題な依頼を解決しています。

 

 

全国18拠点にあるネットワークと、豊富な人材を活かした高い捜査能力で、これまでに多くの案件を解決しています。

 

 

訴訟などの法律関係にも強く、内容により弁護士まで紹介してくれるなど、アフターフォローも充実です。

 

 

基本料金4万円+調査料金8万円〜という良心的な価格設定!
さらに最初の見積もり以上は一切追加料金なしのわかりやすい料金設定で安心できます。

 

 

相談と見積りが無料で24時間365日受付けておりますので、まずは気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

 

 

原一探偵事務所

 

365日24時間相談・見積り無料フリーダイヤル
0120-72-0133
原一探偵事務所無料相談はこちら
原一探偵事務所無料相談はこちら

まとめ:早期問題解決には探偵事務所に相談を

解決方法

探偵事務所は初恋の人やお世話になった恩師、生き別れになった家族だけではなく、他の意味をもつ相手でも探して貰えます。

 

例えば、相手に借金の肩代わりをしたまま失踪してしまった方の行方調査なども行い、金銭的な被害を最小限に食い止める力を発揮しますので、良い意味でも悪い意味でも探偵事務所は早期発見に繋がる解決の糸口を見出してくれます。

 

中には、警察や弁護士を必要とするような大きな事件に発展する前に探偵事務所に依頼をする事で早期解決となったというケースも少なくありません。

 

なかなか相手が見つからず悩んでいるようでしたら、まずは気軽に電話で相談してみてはいかがでしょうか。

 

更新履歴