探偵で人探しする料金相場はいくら?安く抑えるコツやおすすめの探偵も紹介!

探偵で人探しする料金相場は?

  • 大事な家族が家出や失踪してしまった…
  • 昔お世話になったあの人にもう一度会いたい!

そんなとき、探し人を見つける手伝いをしてくれるのが探偵です。

 

ただ、「探偵に依頼するのって高いんじゃない?」と足踏みをしてしまう方も多いと思います。
この記事では、人探しを探偵に依頼した時の料金相場料金の仕組み少しでも費用を安くする方法などを紹介していきたいと思います!

 

人探しを探偵に頼むときの相場は?

探偵で人探しの料金相場って?

人探しを探偵に依頼した場合にかかる費用の相場は、10万円〜100万円
かなり幅広くなっています。
理由としては、ひとくちに人探しといっても、内容によって難易度が全く異なるからです。

 

人探しを依頼した際にかかる料金の内訳は、主に下記の3つとなっています。

  1. 調査員の人件費
  2. 出張費
  3. 調査にかかる諸経費

つまり、必要な人員の多さ、調査範囲の広さ、調査期間の長さ、難易度の高さ、これらが拡大する程料金が高くなるということになります。

 

人探しの難易度が上がる要因とは?

料金相場が上がる要因のひとつである「難易度」。
ここでは難易度が高くなるポイントをいくつか紹介していきたいと思います。

 

調査範囲が広い

1つめの要因は、調査範囲の広さ。
子供の家出など、そう遠くに行っていないことが予想される場合は難易度は低めです。
ですが、探している相手がどこにいるのか全く想像もつかず、県外や国外にも調査範囲が広がる可能性がある場合には、難易度が上がります。

 

対象者の情報が少なく関係性のない人を探す場合

2つめの要因は、探し人との関係性。
例えば顔・名前・年齢・身長など基本的な情報も知っているような身内や友人の捜索ならそこまで難易度は高くないことが多いもの。
しかし、逆に「街中で見かけて一目ぼれした人」のような相手だと情報がないことはほとんど。
関係性の薄い人の捜索となると難易度がグッと上がります。

 

対象者が自ら身を隠している

3つめの要因は、探し人が身を隠しているケース。
何らかの理由で対象者が隠れている場合も、捜査は難航しやすいです。
新しい情報が見つかったとしてもそれに気づいた対象者が更に逃げてしまったららちがあきませんよね。
なので、自ら望んで身を隠している場合見つけるのは困難となります。

 

これらに当てはまる場合は、料金が高くなる可能性があるので、あらかじめ考慮しておきましょう。

探偵で人探しするときの料金形態2つを紹介

探偵で人探しする際の料金携帯2つを紹介

探偵に依頼したことがない方、これから相談や依頼をしてみようと思っているほとんど方にとって、気になるのが料金の支払い形態だと思います。
次に、探偵社で扱われる主な2種類の料金形態について説明していきます!

 

成功報酬型

ほとんどの探偵社が採用している料金形態が、こちらの成功報酬型。
成功報酬型とは、着手金+成功報酬からなる料金形態です。

 

着手金とは?

着手金とは「基本料金」のこと。
調査を依頼して契約した段階、つまり調査の開始前に払う必要があります。

 

成功報酬とは?

成功報酬は「調査完了後、成功した場合にのみ発生するお金」です。
なにをもって調査を成功とするかは、事前に依頼者と探偵で話あって決めることになります。

 

一般的には着手金よりも成功報酬の方が高くなっています。
着手金は捜索に使う経費や人件費、成功報酬は謝礼金というイメージで捉えておくのが良さそうですね。

 

完全成功報酬型

一部の探偵社が取り扱っている料金形態が、こちらの完全成功報酬型。
これは着手金なしで捜索を依頼でき、依頼が成功したときにのみ料金を報酬として支払うという形になっています。

 

完全成功報酬型のポイント

完全成功報酬型は、依頼時にお金がいらなかったり、成功した時だけ支払えばいいので一見お得なシステムに思えます。
しかし、成功した際の料金は成功報酬型の場合に比べて遥かに高くなる可能性が高いです。
成功時の料金がどれくらいになるかは探偵社によって変わってくる部分。
契約時に十分確認するようにしましょう。

人探しの料金を安くするポイント

探偵で人探しする料金を抑える方法ってあるの?

「探偵や探偵社に人探しを依頼したいけど、そんなに高いお金は払えない・・」と悩む方も多いと思います。
そこで、ここでは人探しの料金を少しでも安く抑えるためのポイントを紹介します!

 

事前に調査した情報をより多く提供する

捜査の際に一番の手掛かりになるのが、個人情報です。
最後に会ったときの服装や顔写真、勤務先や通っている学校など、1つでも多くの情報を探偵に伝えるようにしましょう。
これらがわかると、捜査の難易度が不必要に上がる事を避けられます。
結果的に早期発見に繋がりやすくなりますし、調査にかかる経費も安く抑えられます。

 

捜査期間を短くする

探偵に人探し調査を依頼する場合、基本的には時間によって料金が変動します。
つまり、期間が長ければ長いほど見つかる可能性は高いですが、その分料金も高くなるということです。
依頼の内容によっては何年かかっても探したい場合もあるでしょう。
ですが、急を要していないケースなどでは調査期間をあらかじめ短めに設定しておくことで、料金を抑えることが出来ます。

 

調査員の数を少なくする

調査員の人員を少なくしてもらうことも、費用を抑える一つの手段です。
人数が多いほど探せる範囲や時間が増えるため、探し人が見つかる可能性は高くなります。
ですが、単純計算で捜査員が1人か2人かで値段は倍違います。
少しでも料金を安くしたいときは、最適な人員で捜査してもらうように依頼し、その分自分も精力的に行動しましょう!

 

捜査範囲を制限する

捜査範囲を狭くすることで、捜査時間の短縮や人員の削減をはかる事が可能になり料金を抑えることが出来ます。
例えば、すでに自分が探したエリアや、あり得ないエリアを調査範囲からカットする
これで、捜査範囲を絞ることが出来ます。

 

上記であげた全てを自分でカバーする事は難しいかもしれません。
ですが、出来る範囲でも動くことで人探しの料金を安くすることは可能です。
捜索を依頼する探偵社とよく話し合っていくことをおすすめします。

人探しは無料でできる?その方法とは?

人探しは無料でできる?

探偵に頼ると数十万円はかかってしまう人探し。
ですが、無料、低コストで行う方法もあります。
この項ではそちらを紹介していきます。

 

自分で探す

TwitterやFacebookなどのSNS・インターネットを使って呼び掛けたり、街にポスターを貼ったりビラを配るなどの方法を使って自分で人を探すこともできます。
その場合はもちろんお金はかかりません。

 

ただ、個人情報が流出してしまったり、見つかる可能性が高くないなどのデメリットもあります。

 

「昔の友人に会いたい」「一目ぼれしたあの人に会いたい」などならSNSを使うのも1つの手です。
ですが、失踪などの場合には一刻も早く探偵、もしくは警察に依頼するようにしましょう。

 

警察に捜索願を出す

警察による捜索には、もちろんお金はかかりません。

 

ただ、警察が捜索に動いてくれるのは、基本的に「事件性があると判断された場合のみ」です。
事件性がないと判断されてしまったり、一刻も早く該当者を探したい場合には、探偵に依頼するのがいいでしょう。

 

無料で探す方法は多くありません。
ですが、急を要しない場合や逆に警察に確実に動いて貰える場合は、これらの手段をとることも選択肢に入れておきましょう。

探偵社を選ぶときの注意点3つ

探偵社を選ぶ際の注意点

人探しは自分で行うこともできますが、探偵に依頼した方が効果的に見つかる可能性が高いのは言わずもがなです。
しかし、探偵ならどこに依頼してもいいというわけではありません。
ここでは、探偵や探偵社を選ぶときに気を付けるべきことを説明していきます。

 

事務所が設置されているかを確認する

依頼する探偵事務所が実際に存在しているかどうかは、絶対に自分の目で確認するようにしましょう。
ネットからのメールや電話連絡をして依頼した際、面談・打ち合わせにカフェなどの事務所以外の場所を指定してくるような探偵社だと、詐欺などの可能性も否定はできません。
必ず事務所を設置していて、正式な探偵社であることを確認してから依頼しましょう。

 

自宅からなるべく近い場所を選ぶ

探偵に調査を依頼すると、書類の提出や情報の確認などのために事務所にいくことが多くなります。
その際に自宅から遠すぎると負担になっったり、いざというときに対応できなくなってしまいます。
探偵社を選ぶ際には、自宅からある程度近い場所に営業所を構えている探偵を選ぶのがおすすめです。

 

安すぎる探偵社には要注意

調査にかかる料金は探偵社によって様々ですが、安すぎる所は要注意です。
安いに越したことはありませんし、安いからダメというわけでもありません。
ただ、追加料金が発生したり、調査がおざなりだったりと最終的には損をしてしまうケースも少なくありません。
契約書の内容をしっかり確認するなどして、多少高くても追加料金がなかったり、正当な料金で調査をしてくれる探偵社を選ぶようにしましょう。

 

特に1つめは、常識の裏をかいてくるような注意点なので確認事項から抜け落ちがちです。
しっかりと調べて、正式な探偵社に依頼をしましょう。

人探しにおすすめの探偵紹介!

人探しを取り扱っている探偵社は沢山あります。
その中でも特におすすめの、実績ある探偵社を2社紹介したいと思います。

 

原一探偵事務所

原一公式サイトはこちら

 

原一探偵事務所は、なんと調査実績45年!
年間5万件以上の相談数を誇る、圧倒的な経験と実績をもつ探偵社となっています。
特におすすめなポイントは

  1. 見積金額以外の請求がない
  2. 実績のあるベテラン調査員が多数在籍
  3. 全国に18の拠点を設置
  4. 充実したアフターケア

です。
これらについて詳しく説明していきます!

 

見積金額以外の請求がない

原一探偵事務所は、調査実績45年の豊富な経験から、案件ごとに大体どれくらいの期間で解決できるかの予想をたててくれます。
このの情報をもとに料金を見積もりし、それ以外のお金は一切とらないというのが大きな特徴の1つです。
最初に安く見積もって後から過重請求してくる業者もある探偵業界。
あらかじめ聞いていた見積もり金額で完結するのは、安心感がありますよね。

 

実績のあるベテラン調査員が多数在籍

原一探偵事務所では、調査の現場に実績20年を超えるベテラン探偵が配置されます。
過去の事例をもとに集めた独自のデータに加え、実績のあるベテランによる捜査となれば、依頼を解決してくれる可能性は限りなく高くなります。

 

全国に18の拠点を設置

原一探偵社は、埼玉県に拠点を置き、そこを中心として全国18の都市拠点を構えています。
全国の拠点と連携をとりながら、より広範囲の捜査を同時に行えるので、捜索の候補範囲が広い場合にはかなり便利な調査体系が用意されているといえます。

 

充実したアフターケア

探していた人が見つかってよかった!
で、人探しは終わりません。
原一探偵社では、事件性があった場合の法的な対応や弁護士の紹介、依頼者や対象者のメンタルケアのための専門家の紹介など、事件後のフォローをしっかりとしてくれます。
問題の根本から解決の手伝いをしてくれるのは本当に嬉しいですね。

 

365日24時間相談・見積り無料フリーダイヤル

>>0120-72-0133

 

↓↓原一探偵事務所の公式ページはこちら↓↓

HAL探偵社

HAL探偵社

 

次に紹介するのは、HAL探偵社
お客様満足度98.36%、年間相談件数は13,000件を超える人気の探偵社です。

 

失踪から2週間を超えると発見が難しくなるといわれている失踪事件の早期解決を叶えてくれますよ。
HAL探偵社がおすすめのポイントはこちらです。

  • 解決率87%を超える高い調査力
  • カウンセリングによる再発防止・問題解決
  • 弁護士から推薦される信頼感

こちらも一つずつ解説していきますね。

 

解決率87%を超える高い調査力

緻密な調査計画をたてたうえで行われるHAL探偵社の人探し調査。
解決率87.2%(2018年)という数字からわかる通り、非常に高い調査力を誇っています。
専門スタッフが24時間体制で調査してくれるので、一刻も早く対象者を探し出すことが期待できます。

 

カウンセリングによる再発防止・問題解決

人探しの依頼の大半を占めるのが【家出・失踪】。
それら事件解決後の、専門のカウンセラーによるケア体制が充実しているのもHAL探偵社の大きなメリットです。
家出や失踪などの事件が起きた原因の究明、また再発防止のために心がけることなどのアドバイスを受けることが出来ますよ。

 

弁護士から推薦される信頼感

徹底した調査力と、厳格なコンプライアンスを遵守するHAL探偵社は、弁護士からの信頼も厚く、安心して依頼することができます。
初めての探偵社の利用だと一番不安なのは「本当にこの探偵は安心なのか」という点ですよね。
多数の弁護士から利用を推奨されているHAL探偵社は、その点でいうと安全性の高い探偵事務所だといえます。

さいごに

いかがでしたか?
探偵に人探しを依頼する際の料金相場は幅が広く、ケースによって大きく変動することがわかって頂けたかと思います。

 

「一刻も早い捜査の開始」が難易度を下げる確実な手段であることは間違いありません。
お悩みの際は探偵事務所に無料相談することをおすすめします!