ずっと音信不通だった人を探す際のポイントとは?

音信不通の人に会いたい

  • 急に引っ越してしまった…
  • 電話が繋がらなくなった…
  • メールが届かなくなった…

ずっと音信不通で連絡が取れない人を探したい、そう思った時、どんな方法があるでしょうか。

 

連絡先が分からない場合、ただ闇雲に探し回っても簡単に見つかるものではありません。
けれど、いざ人を探そうとしても焦ってしまってなかなか良い方法が思い浮かばないものです。
音信不通だった人を探す時には、何に気を付ければいいんでしょうか。

 

ここでは、音信不通で連絡がとれない人を探す時のポイントをご紹介したいと思います。

手がかりになる情報を集めよう

音信不通の人に会いたい

 

音信不通だった人を探そう、と思った時、まず相手の住所や電話番号、メールアドレスなどを調べようと思うでしょう。
もちろんそれが分かればその人を見つけるのも難しくはありませんが、分からないともう手がなくなったように感じてしまいます。
そもそも、連絡先が分かっていれば音信不通とは言いませんね。

 

ですが、手がかりになる情報はそれだけではないんです。
落ち着いて、探している人についての情報を整理してみましょう。

 

些細な事でも本人に繋がる可能性がある

音信不通の人に会いたい

 

相手の住所や電話番号、メールアドレスといった直接的な情報でなくても、その人を探すための手がかりとなる情報はたくさんあります。
名前や生年月日によってSNSなどから検索する事も出来ますし、無料掲示板に投稿する事も出来るでしょう。
以前住んでいた場所が分かれば、その近辺にはその人を知っている人がいるかもしれませんし、以前の電話番号の市外局番などからその人が住んでいた場所をある程度特定出来る可能性もあります。
その人がよく行っていた場所を訪れればその人に直接会える可能性もありますし、その人を目撃した人の話を聞く事も出来るでしょう。
どんな事でもいいので、自分が知っているその人の情報を書き出してみましょう。

 

周辺人物の情報も有益

音信不通の人に会いたい

 

音信不通だった人を探す場合、どうしてもその人の情報に目が行きがちですが、その人の周辺にいた人物の情報も役に立ちます。
実家の情報が分かる場合は、実家に聞けばその人の情報が得られる可能性は高いですし、親兄弟の名前や職業、飼っていたペットの名前などから検索する事でその人に近付く事が出来る場合もあるでしょう。

 

当時の交際相手ならその人がどこに行ったか知っている場合もありますし、その人の勤務先が分かればそこで現在の居場所を把握している可能性もあるんです。
その他、出身校や所属していた部活・サークル、交友関係などの情報も、当時の知り合いの話を聞く事が出来れば有益な手がかりに繋がる事もあります。

 

情報は多いほど、質が高いほど良い

上で挙げたような一見何でもないように思える情報でも、音信不通だった人を探す場合には有力な手がかりとなる事がありますから、自分がその人について知っている事を出来るだけたくさん思い出してみてください。
もちろんその場合、その情報の精度が高ければ高いほど有益な手がかりに繋がりやすくなります。
曖昧な情報を基にしていたのでは、捜索が見当違いな方向に進んでしまいかねません。
たくさんの質の良い情報を集めましょう。

単なる音信不通か、家出や失踪か?

探している人が音信不通だと、とても心配になってしまいますね。ただ単に自分とだけ連絡が取れなくなっているのか、他の人もその人の居場所を知らないのかで状況は大きく変わってきます。まずはその人の周辺の人から話を聞いて、その人が今どうしているのかを把握しましょう。

 

ただの音信不通の場合

音信不通の人に会いたい

 

ただ自分と音信不通になっているだけで、他の人とは普通に連絡を取り合っていたり、普通に生活を送っていたりする場合はそれほど心配する必要はありません。
わざと姿を隠している訳ではないので、こちらが本気になって探せば見つけるのもそれほど難しくないでしょう。

 

音信不通になったからといって、その人があなたを軽んじているとは限りません。
卒業してから新しい環境になじむのに一生懸命で連絡が取れなかったり、引っ越しをして連絡がつかなくなってしまったり、といった理由で、案外簡単に音信不通になってしまう事は少なくないんです。
また、喧嘩をしてしまった場合は向こうから連絡しにくかったのかもしれませんし、新しい自分を見つけるために古い人間関係をいったんリセットしてしまう場合もあります。
そんな場合は、案外簡単に見つけられるでしょう。

 

家出、失踪の場合

音信不通の人に会いたい

 

上の場合と違って本人の意思で姿を隠している場合は、探し人の捜索の難易度は大きく跳ね上がります。
その場合は、自ら手がかりを消している可能性が高いので、情報を得る事自体が難しいんです。

 

その捜索の難易度は、いなくなってからの期間によっても変わってきます。
家出や失踪をしてから1週間以内の場合はまだ近くにいる事が多いので、周辺の人への聞き込みなどで見つけられる可能性もありますが、10日以上経っていれば遠くの地に行ってそこに居着いてしまっている場合があります。
その場合は、その遠くの地がどこかを調べるところから始めなくてはいけませんから、雲をつかむような話になるでしょう。

 

それ以上に長い時間が経過してしまっている場合は、既に第二の生活を始めてしまっていて、完全にあなたが辿り着ける範囲外に行ってしまっていると考えた方がいいでしょう。
最悪の場合、その人が亡くなってしまっている可能性もあるんです。

 

家出・失踪の場合はその期間が長くなればなるほど捜査の難易度が上がりますから、出来るだけ早く探し始めるようにしましょう。

 

確実に見つけたいのなら

ただの音信不通だけでなく、家出や失踪でも、事件性が低いと判断された場合、警察は動いてくれない可能性が高いです。
そこで、人探しのプロである探偵事務所に依頼してみる事も一つの案として考えてみて下さい。
一人で闇雲に探すよりも、最短で大切な人を見つけてくれる可能性があります。

 

業界大手の探偵事務所でおすすめなのが、実績も多く、料金トラブルが非常に少ない原一探偵事務所です。
弁護士が選ぶ料金トラブルが少ない探偵事務所マスコミ関係者が選ぶ結果を出せる実績ある探偵事務所調査してほしい日に調査してくれた探偵事務所

メールでも、電話でも、相談だけなら無料ですよ。

→→365日24時間相談・見積り無料フリーダイヤル
→→0120-72-0133

365日無料相談実施中の

↓原一探偵事務所のページはこちら↓

原一探偵事務所はこちら

相手は自分に会ってくれるのか?

音信不通になってしまった人を探し当てても、その人が自分に会ってくれるのかどうか、という問題があります。
その人が行方をくらました理由にもよりますが、心の準備をしておかなくてはショックが大きくなってしまうでしょう。

 

再会を望んでくれている場合

探している人もあなたとの再会を望んでくれている場合は、何の問題もありません。
現在の人間関係を優先するあまりあなたに連絡をする時間がなかったりしたのであれば、連絡が取れれば同窓会のような気持ちで快くあなたに会ってくれるでしょう。
連絡が出来なくても、仲が良かったからもう一度会いたい、と思っている人はあなたにもいるんではないでしょうか。

 

また、険悪な雰囲気で別れてしまった場合でも、相手もあなたに喧嘩した事を謝りたいと思っている可能性もあります。
時間をおいて冷静になれば、もう一度会いたいと思う事もあるでしょう。
そんな再会は、特に感動的なものになりやすいんです。

 

さらに、相手からすればあなたが音信不通になっていた、と感じている場合もあります。
相手もあなたを探していたけれど見つけられなかった、という時は、再会が笑い話になるでしょう。

 

再会を望んでいない場合

いくら昔は仲が良かったとしても、再会を望んでくれていない場合もあります。
あなたが気付かないうちに相手を傷付けてしまっていた、などの理由で相手が自ら連絡を絶つような事もありますし、金銭トラブルや対人トラブルが原因で姿を隠している時もあります。
他にも、あなたに後ろめたさを感じていてあなたに会う資格がない、と思い込んでいる場合もありますし、既に新しい家庭を築いていてその家族に迷惑を掛けないように以前の家族との関係を断ち切っている場合もあるんです。

 

そういった場合は、見つけ出しても相手はあまり喜んでくれないでしょう。
苦労して探し出しても、後味の悪い結末を迎えてしまう事にもなりかねません。
相手の状況を考慮し、場合によっては捜索を諦めた方がお互いのためになる事もあるんです。

相手と再会した時に気を付けるべき事

音信不通の人に会いたい

 

音信不通になってしまった理由には、引っ越しや仲違い、トラブルなど様々なものがあります。
あなたが思いもかけない理由で連絡を絶ってしまったのかもしれません。
そんな相手と再会した時に気をつけるべき事がありますから、心の準備をしておいてください。

 

1、緊張し過ぎない

久しぶりに会う相手ですから、どんな風に接していいのか分からなくて緊張してしまう事もあるでしょう。
今のその人は、自分が知っている頃のその人とは変わってしまっているかもしれません。
ですが、あなたが緊張してしまっていたら相手もあなたに自然に接する事が出来ません。
あまり緊張し過ぎずに、和やかな会話を心がけましょう。

 

2、話す事を事前に決めておく

どんな理由で音信不通になったにせよ、相手からすればあなたとの再会は意外なものと感じられます。
その時に会話が途切れてしまったのでは、気まずい空気が流れるでしょう。
ですから、話す内容はある程度事前に決めておきましょう。再会の喜びで饒舌になるとは限りません。
相手を気遣う言葉や聞きたい事をまとめておくと、スムーズな再会をする事が出来ます。

 

3、相手の事情も理解する

あなたからすれば、なぜ音信不通になってしまったのか、と不信感を抱いてしまうかもしれません。
ですが、あなたが再会したいと思える相手ですから、その人にはその人の事情があったのだと考えて大らかな気持ちで接してあげましょう。
特に、何らかの事情で追い詰められてしまった場合、後から考えればおかしな判断をしてしまう事はよくあるものです。
その人の立場に立って、それを理解してあげるように心がけましょう。

 

4、感情的にならない

相手が姿を消した理由は、とても身勝手なものかもしれません。
そうでなくても、連絡を絶たれた事であなたは不満を抱いているでしょう。その人を探すのにかかった労力などを考えると、感情的になってしまうのも分かります。
ですが、まずは再会出来た事を嬉しく思う気持ちを伝えてあげてください。
そうする事で、うまくいけばこれからも続いていけるような仲を築く事も可能になるでしょう。

まとめ

音信不通になってしまった人を探すためには、どんな情報が役に立つか分かりません。
ですが、素人が自分で人探しを行うのは決して簡単な事ではないんです。
仕事などの片手間で人を探していても、なかなか見つける事は出来ません。
相手が家出や失踪をしてしまっている場合は特に急いだ方がいいのですが、そうもいかない事情もあるでしょう。
そんな時は、探偵に依頼する事をお勧めします。
プロの技術と経験で探してもらえば、見つかる可能性はぐんと高くなるでしょう。

 

下記では大手でおすすめの探偵事務所も紹介しているので、ぜひ参考になさってください。

 

>>人探しで信頼できる探偵事務所とは?(TOPページ)