ずっと音信不通だった人を探す際のポイント

ずっと音信不通だった相手を探す際のポイントや実際に再会を果たす際に気を付けるべきポイントをお伝えしていきましょう。

 

情報や手がかりとなる集め方とは?

 

「最後に会ったのは20年以上も前だけれどずっと音信不通にしていた相手とどうしても会いたいので何としても探したい。」と思う事はないでしょうか。
または、「音信不通にしていた相手を自分なりに頑張って探したけれども見つからなかった」という経験は誰にでもあるはずです。
しかし、探偵事務所へ音信不通だった相手を探す為の依頼をすると、情報や手がかりが多ければ多い程成功率も高いといえるでしょう。

 

 

捜査の手がかりの決め手となる良い情報とは?

 

良い情報であればある程、情報の多さに比例して音信普通だった相手を見つけられる可能性が高いものです。
そこで、相手を探す際に情報集めのポイントとなるものを紹介していきましょう。

 

  1. .相手方の実家の情報や勤め先
  2. .相手方が以前暮らしていたとされる住所
  3. .相手方の交友関係や
  4. .相手方のよく行く場所
  5. 相手方の以前の電話番号

 

これらのうち、該当する連絡先があれば情報や捜索の手がかりとして役に立つ情報となります。
また、音信不通の相手とは失踪者や家出人とは置かれている状況が全く違いますので、
自分の意思や故意的に隠れているという訳ではない為、ごく普通に生活しています。
その為、20年以上も前になって音信不通の相手の所在が不明になった場合でも、探し出せる可能性や見込みは大きいものです。

 

音信不通の相手と再会して気をつけるべき事とは?

 

音信不通になった原因や理由は、引越しによるものから仲違い、トラブルや別れなど様々です。
同性同士であっても異性であっても、いずれにせよ、気をつけるべき点があります。

 

リラックスして明るく接する

あまり緊張しすぎずに、和やかな会話をしましょう。

 

何を話すか事前に考えておく

音信不通だった相手との再会をイメージして、会話内容をいくつか準備しておくと◎

 

感情的にならない

如何なる事情があっても、感情的にならない事が大切です。

 

こうした点に気をつける事で再度会う機会やチャンスなどが増え、二人の間には深い絆が生まれるはずです。